ようこぞ!交通安全の神 石母田 三吉神社へ
HOMEへ戻る お問い合わせ
三吉神社の由来 三吉神社のご案内 神社の豆知識 家庭のまつり リンク 日曜学校
神道の豆知識
厄年
神社のお参りの仕方
敬神生活の綱領
伝統行事
人生儀礼
教育勅語
人生儀礼 忌服
忌服 【 死者が出た後、喪に服す期間 】
忌みの期間
忌みには忌(き)と服(ぶく)とがある。

忌は死者の穢(けがれ)がついているので世間に出ることを慎む期間のことで、この 間は神棚の前に半紙を貼って隠し、お祭りも取り止めます。神社への参拝も遠慮する事とされています。

服は喪服のことで、謹慎(遊びや笑いを慎み、酒肉を断つ)の期間をいいますが、個人の主観的意味合いが強く年賀状の欠礼等とも合わせ適宜短縮しても良いでしょう。 この「忌」と「服」の期間が混同されやすいので注意が必要です。したがって神祭(神社参拝等)が出来ないのは最長で親が死亡した場合の50日間(順次短縮されます)となり、「忌」の期間が過ぎれば、神棚のお祭りを再開し、神社参拝も差し支えありません。
人生礼儀 地鎮祭、上棟際、家移清祓祭
地鎮祭、上棟際、家移清祓祭 【 家を新築する時のしきたり 】
地鎮祭
家の新築工事や、土木工事などにとりかかる前に、土地の神様をまつり、今後も平安堅固であることを祈るまつり。
上棟祭
建築工事が進み棟木を上げるときに家屋や工事をつかさどる神様をまつり安全を願するまつり。
終わって、棟木に棟札を取り付ける。
家移清祓祭
家が完成したとき、あるいは引っ越したり、マンションなどに入居する場合、前もって家の中をお祓いするまつり。
▲上に戻る
Copyright (c) 2007 miyoshi Jinja. All Right reserved.